こちらの画面はサンプルになります。リンクなど出来ませんのでご了承下さい。


1.緑釉りょくゆう 楼閣ろうかく
(重要美術品)
時代:後漢時代・2~3世紀
高さ:104.5cm
住友グループ寄贈

 古代中国では来世でも現世と変わらぬ暮らしを願い、権力者たちはこうした建築模型や、人をかたどったようなどの明器めいきを墓に副葬しました。
 4階建てのこの楼閣模型は一種の物見やぐらで、当時としては最先端の高層建築といえ、最上階には弓矢を持った見張りが見られます。
 緑釉は明器を彩る釉薬として当時さかんに用いられました。(H)

こちらはサンプル画面です。写真のズームにはViewpointプラグインが必要です。